ナビりんが行くわよ!

【ナビりんが「本屋さんに」行くわよ vol.4】リニューアルした青山ブックセンターさんにお邪魔してきたわよ。

青山ブックセンターさんと言えば、やっぱり「オシャレな本屋さん」っていうイメージよね。表参道の本店はもちろん、六本木通り沿いにある六本木店さんもオシャレ(あ、あと成田空港にもお店があるのよ)。
オシャレな街にある、オシャレな本を揃えた、オシャレな本屋さん。店内には海外のファッション雑誌やデザイン関係の本や写真集が並んでいる…… ハイセンスでハイカルチャー、そんなイメージ。

「外から見ているときは、私も単純にそう思ってたんですよね。でも中に入って内側から見たら、ちょっと違っていました」

そう話してくださったのは、この四月から青山ブックセンター 本店の店長さんになられた松葉健一さん。

abc_00

松葉さんは東京近郊の他の書店チェーンから転職し、エリアマネージャーを経て、今回、本店の店長さんにご就任とのこと。店長専任になるのはご本人の強い希望だったそうよ。

「オシャレにしようとしてオシャレになった店ではないんです。この街にいるデザイナーさんやファッション関係のお仕事の方、美容師さんなどが本を探しにやってくる。そういう方たちのニーズに応えて本を揃えていったら『結果的に』オシャレな本が揃った本屋さんになっていたんですよ」

松葉さんが話してくださったのはそんなお話。

「青山ブックセンターはそういうことを丁寧にやってきた本屋なんです。地元密着を徹底してやってきた本屋とも言えます」

なんだか、いいお話。
確かに、最近の本屋さんってカフェを併設したり、気の利いた雑貨を揃えたコーナーを作ったりしてオシャレで雰囲気のいいお店が増えたけど、でも青山ブックセンターさんの「オシャレ」って、そういうことじゃないのです。
青山ブックセンターさんの「オシャレ」は、お店に来るお客さまと、それに応えた選書によって出来上がっているってこと。それは一朝一夕にできることではないわ。

「だからこそ、本で勝負するためのリニューアルを今回行ったんです」

そう松葉さんがおっしゃる新しい店内を見渡してみると……

abc_01

うわ! なんだかすっきり広々! 通路も広くなったみたい。実はリニューアル前に一度お邪魔したときに「棚の背を高くする」と伺っていたので、ワンフロアで見晴らしのいい店内が「ちょっと窮屈な感じになってしまうのでは?」と思っていたけど杞憂だったわ。ポイントはお店に入って手前の棚を低く、奥に行くにしたがって高くするというレイアウトね。

入り口を入ってすぐ左手には青山ブックセンターさんのアイコンとも言える海外の雑誌の棚。

abc_02

雑誌のコーナーは今までと同じく、外光が入るウインド側にずらっと並びます。

abc_03

店内中程から一段高い棚になります。

abc_04

そして一番奥の壁面、デザインや建築関係の本、そして写真集などの棚はもう一段高くなって、照明も暖色系の光で落ち着いた雰囲気に。通路が広いので大判の本もゆったり手にとって選べそう。

abc_05

abc_06

改めて入り口付近から店内奥を撮った写真を見ていただくと、手前の雑誌や新刊のゾーンは外光も入って明るく、奥に行くにしたがって暖色系の照明で落ち着いた雰囲気になっているのがわかります。明るさのトーンで棚のゾーニングができているわ。床も以前は普通の明るい色のタイルだったのが、今回のリニューアルで大理石風の落ち着いたものに。

リニューアル前の店内はこんな雰囲気(下の画像)だったから、もう「ドラスティック」と言ってもいい変化よね。

abc_12

このリニューアルで約一割、店頭に並べられる本が増えたそうよ。まさに「本で勝負するためのリニューアル」ってことね。

そして、青山ブックセンターさんの「もうひとつの顔」と言えるのがイベント。青山ブックセンター内の「青山ブックスクール」主催で毎月さまざまなイベントが開催されています。

こちらが青山ブックスクールさんの入り口。

abc_07

先日、刊行記念イベントが開催された祖父江慎さんの『祖父江慎+コズフィッシュ』が並べられています。

abc_08

アート、デザイン、ハイカルチャー、サブカルチャー…… 同時期に首都圏で開催される美術展や展覧会にあわせて、ゆかりのある方をスピーカーとしてお招きする(時には、その展覧会の主役を)という企画が青山ブックセンターさんのイベントのポイント。

イベントの様子はこんな感じよ(青山ブックセンターさんのWEBサイトよりお借りした画像)。

abc_13

そしてイベント開催と合わせてお店にはゆかりのある本を揃えてお客さまのニーズに応えています。レジの後ろにも常時開催イベントの告知が貼られているわ。

abc_09

たとえば、今年は「黒田清輝 生誕150年」。東京国立博物館で3月23日から5月15日まで「生誕150年 黒田清輝─日本近代絵画の巨匠」という展覧会が開かれています。
これに合わせて青山ブックセンターでは「生誕150年 黒田清輝展 開催記念企画 トークレクチャーシリーズ/黒田清輝のABC」と銘打って、こんなイベントが開催されています。

黒田清輝のABC 第1回西洋絵画の衝撃。黒田精輝が抱いた葛藤と使命〜本当に伝えたかったこと

黒田清輝のABC 第2回黒田清輝の裏/表  〜黒田の仕事がもたらしたもの

また定期的に開催されている「翻訳教室」や「呼吸ワークショップ」「イラストレーション青山塾」「欧文組版のABC」などは毎回大人気よ。

もちろん文芸の作家さんのイベントも開催されているし、時にはこんなイベントも。

『長渕剛:民衆の怒りと祈りの歌』(河出書房新社) 刊行記念トーク&サイン会 いま、民衆の歌とは何であるか? 出演:長渕剛 / 聞き手・武田砂鉄

なんとこの時は定員70名のところに5,000名(!)の応募があったそう。演奏はなしのトークイベントだったにもかかわらず、長渕剛さんが会場入りする時には「剛コール」が鳴り響いたそうよ。

「イベントはお客さまが喜んでくれるし、店としても売上につながる実感があるので、今回のリニューアルを機に、もっと力を入れていきたい」とのこと。楽しみだわ!!

「外から眺めているときもいい本屋だなって思ってましたけど、中に入ったらやっぱりいい本屋だし、青山ブックセンターはもっといい本屋になれると思っています」

そう胸を張る松葉さん。今回のリニューアルが、きっとそのジャンプ台になるんじゃないかしら。

オシャレな本屋さんを作ろうとして、オシャレになったわけじゃない。地元のニーズに応えてきたらこういう本屋になった…… 今回はこのお話がとても印象深かったわ。
これって本屋さんだけじゃなくて、どんなお店でもお客様との関係を築くときの「基本の”き”」よね。そしてそれは簡単にマネしようと思ってもできないこと。青山ブックセンターさんのあの雰囲気は唯一無二のものって実感したナビりんなのでした。

そして最後に、ウインドゥに掲げられたこの言葉にちょっと感動したわ。

abc_10

検索でたどりつかない、本とアイデアを。

青山ブックセンターさんの矜持。そしてすべての本屋さんに捧げたい言葉。お店を出た帰り、何度も振り返ってこの言葉を読んでしまったわ。

abc_11

青山ブックセンターさんでこれから開催されるイベントはこちら
(過去のイベントはこちら

青山ブックセンターさんのWEBサイトはこちら

バックナンバー