ナビりんが行くわよ!

【Vol.19】本屋で.com参加書店店主の方が「AERA」に登場!【天狼院書店・三浦崇典さん&隆祥館書店・二村知子さん】

本屋で.comに参加してくださっている書店の店主の方が立て続けに週刊誌「AERA」(朝日新聞出版)の『現代の肖像』に取り上げられているわ。

AERA 2016年6月27日号(最新号)では天狼院書店店主の三浦崇典さん。
AERA 2016年4月25日号では隆祥館書店店主の二村知子さん。

三浦崇典さんも二村知子さんも、書店店主という枠にとどまらない活動が常に注目を浴びている方。三浦さんの記事のサブタイトルが「七転び八起きの書店業界の黒船」、二村さんの記事のサブタイトルが「ある街の本屋の奇跡」。どちらもお二人の活動やキャラクターを見事に言い表しているとナビりんは思います。

私たちに「本屋ってやっぱり面白い!」と思わせてくれるお二方の活動。「本屋で.com」はこんな「本屋さん」をもっと応援していきたいわ!

三浦崇典さんの『現代の肖像』に関するブログエントリ
思春期の男の子に陰毛が生えているのを見てしまったとき〜週刊誌『AERA』の「現代の肖像」で取り上げていただきました。〜《天狼院通信》
160620_navilin1

隆祥館書店の二村知子さん『現代の肖像』に関するブログエントリ
2016/4/18 発売の”アエラ”4/25 19号現代の肖像に取り上げられました。
160620_navilin3

(2016年6月20日)

バックナンバー