2016年3月23日(水)

赤阪友昭 × 小島ケイタニーラブ 「 私見、お伊勢さんを巡る ~ アマテラスと蛇 ~ ー月を巡る旅のお話 vol.10」

月や天体を道しるべに森羅万象の世界を知っていくプロジェクトとして、写真家の赤阪友昭さんとミュージシャンの小島ケイタニーラブさんをお招きし、隔月で開催しているお話会。

これまでに山形の月山に始まり、島根(出雲)の星の神様、京都の祇園祭など、人間と自然、信仰との関わりを、赤阪さんの写真やお話や小島さんの歌でお届けしてきました。

9回目の今回は、「伊勢神宮」がテーマです。
以下、お話の導入です。
初めてのご参加でも聴きやすいお話ですので、どうぞお誘い合わせの上お気軽にご参加ください。

******
アマテラスといえば太陽神のことですが、そもそも太陽神とはいかなるカミサマなのでしょう?縄文時代まで遡って太陽神を見てみると、アマテラスが少し異なって見えはじめました。そこで、今回は、日本で最も崇敬されている伊勢神宮に焦点を当ててアマテラスの本当の姿を考えてみたいと思います。できることならフィールドワークをしてみたいと思うのですが、なかなかハードルが高そうなので、まずは陰陽五行の視点から伊勢神宮の祭祀儀礼やその成り立ちを繙いてみようと思います。そして、キーワードはやはりまたまた「蛇」。アマテラスと蛇、天地の和合を取る呪法の中に深い繋がりが見えてくるのかもしれません。

お話と写真の世界を音魂で伝える小島ケータニーラブさんのライブもお楽しみください。
お話しの土地柄にちなんだ振る舞い酒もご用意しております。みなさんのお越しをお待ちしてます。
******

【プロフィール】
赤阪友昭(あかさかともあき)
1963年大阪生まれ。写真家。雑誌『Switch』や『Coyote』などに写真・文章を寄稿。北米海岸の先住民族と過ごした時間を一冊にまとめた写真集『The Myth -神話の風景から-』がある。現在は、山に残された原初の信仰、縄文文化や祭祀儀礼を取材。また、福島県立博物館のプロジェクトに関わり、南相馬を拠点に被災地の撮影を続けている。
http://www.akasakatomoaki.net

小島ケイターニーラブ(こじまけいたにーらぶ)
1980年生まれ。ミュージシャン。2009年、バンド「ANIMA」としてデビュー。
文学性の高い歌詞を特徴とし、朗読や舞台とのコラボレーションも多数。
2011年より、朗読劇『銀河鉄道の夜』 (作家・古川日出男、詩人・管啓次郎、翻訳家・柴田元幸、小島ケイタニーラブ) としての活動を開始し、翌12年には朗読劇の主題歌「フォークダンス」を収録する弾き語り作品『小島敬太』(WEATHER/HEADZ)を発表。
2013年には、東京芸術劇場での〈リミニ・プロトコル〉日本公演のサウンドデザインをゴンドウトモヒコ(pupa)と共に担当するなど活動の幅を広げている。2014年からRainy Day Bookstore & Cafe にて初の定期イベント「ラブナイト」を開始する。

http://www.keitaney.com

「あ。わ。の月」プロジェクト
月をキーワードとして、森羅万象の世界へ足を踏み入れようというプロジェクトです。「あ」は「はじまり」、「わ」は「おわり」のこと。「月」を知ることは命の「はじまり」と「おわり」と「はじまり」を知ることです。

チケットのご予約はこちら

イベント情報の詳細はこちら