2017年4月6日(木)

菅付雅信 連続トーク「これからのライフ」 第8回:平野啓一郎「これからの文学」

logo_tsutaya100毎月1回、編集者であり「中身化する社会」「物欲なき世界」の著者でも知られる菅付雅信氏がホストを務める対談トーク・シリーズ。
毎回様々なジャンルの第一人者を呼び、これからの世界と生き方を予見させるトークを展開します。

第8回は小説家の平野啓一郎氏。
「日蝕」で第120回芥川賞を受賞し、その後も「決壊」(芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞)、「ドーン」(ドゥマゴ文学賞受賞)、「空白を満たしなさい」等を発表し、 最新長編小説「マチネの終わりに」も大きな話題の平野氏。
また<分人主義>という新しい生き方も提唱する平野氏に、これからの文学の行方について伺います。

<今後の予定>
5月11日(木) 池上高志氏
6月21日(水) 松井みどり氏
※受付に関しましては、このHPにて順次ご案内いたします。

【参加条件】
代官山 蔦屋書店にて、菅付雅信連続トーク「これからのライフ」シリーズ第8回:平野啓一郎「これからの文学」参加券(税込2,000円)をご予約、 ご購入いただいたお客様に参加券をお渡しいたします。

【お申込み方法】
以下の方法でお申込みいただけます。
・店頭 (1号館1階 人文フロア)
・お電話 03-3770-2525 (1号館1階 人文フロア)
・オンラインストア

【対象商品】
イベント参加券(税込2,000円)

【ご注意事項】
*参加券1枚でお一人様にご参加いただけます。
*イベント会場はイベント開始の30分前より入場可能です。
*当日の座席は、先着順でお座りいただきます。
*参加券の再発行・キャンセル・払い戻しはお受けできませんのでご了承くださいませ。
*止むを得ずイベントが中止、内容変更になる場合があります。

【プロフィール】
平野 啓一郎
1975年愛知県蒲郡市生。北九州市出身。京都大学法学部卒。
1999年在学中に文芸誌「新潮」に投稿した「日蝕」により第120回芥川賞を受賞。
著書は小説、「葬送」「滴り落ちる時計たちの波紋」「決壊」(芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞)「ドーン」(ドゥマゴ文学賞受賞)「かたちだけの愛」 「空白を満たしなさい」 「透明な迷宮」、エッセイ・対談集に「私とは何か 「個人」から「分人」へ」「生命力」の行方~変わりゆく世界と分人主義}等がある。
2014年、フランス芸術文化勲章シュヴァリエを受章。
最新長編小説「マチネの終わりに」刊行。

菅付 雅信
編集者/株式会社グーテンベルクオーケストラ代表取締役。1964年宮崎県生まれ。
「コンポジット」「インビテーション」「エココロ」の編集長を務め、出版からウェブ、広告、展覧会までを編集し、様々なプランニングを行う。
書籍では朝日出版社「アイデアインク」シリーズ、「電通デザイントーク」シリーズ等を手掛ける。
下北沢B&Bにて「編集スパルタ塾」を開講中。多摩美術大学非常勤講師。
著書に「はじめての編集」「中身化する社会」「物欲なき世界」等。

http://www.gutenbergorchestra.com/

会期:2017年04月06日(木)
時間:19:00~21:00
定員:70名
場所:蔦屋書店1号館 2階 イベントスペース
主催:代官山 蔦屋書店

問い合わせ先
03-3770-2525

チケットのご予約はこちら

イベント情報の詳細はこちら