2018年1月12日(金)

江口寿史 × 吉田保「作家 VS 編集者 〆切をめぐる戦い」『〆切本2』(左右社)刊行記念

ナビりん
〆切本を江口寿史さんが語るというのがすでにシュールな世界w

タマちゃん
その組み合わせだけで、このトークイベントに行きたくなるわw

ナビりん
トークのお相手は江口さんの担当編集の方というのが、またシュール

タマちゃん
これは必見のイベント!!

logo_bb100
森鷗外、ドストエフスキーから、川上未映子まで。作家・漫画家の〆切にまつわるエッセイや日記を集めたアンソロジー集『〆切本』シリーズ第2弾が刊行されました。

この刊行を記念して、〆切にまつわる数々の逸話を持ち、『〆切本2』にも作品が収録されている漫画家の江口寿史さんと、雑誌『フリースタイル』の編集長で江口作品にも携わる吉田保さんに、「〆切」について語っていただきます。

・〆切間際のエピソード
・一番効いた/されたくなかった催促
・〆切を守ってもらう方法
・作家と編集者の良好な関係の築き方

など、〆切に追われる人も、守らせる人にもタメになる(?)〆切よもやま話が盛りだくさん。

これを聞けば、〆切なんかこわくない!

ぜひご来場ください。

新店舗(東京都世田谷区北沢2-5-2 ビッグベンB1F)での開催となります。ご注意ください

【出演者プロフィール】
江口寿史(えぐち・ひさし)
漫画家/イラストレーター。1977年「週刊少年ジャンプ」にてデビュー。斬新なポップセンスと独自の絵柄で漫画界に多大な影響を与える。代表作「すすめ!!パイレーツ」「ストップ!!ひばりくん!」など。80年代中盤からはイラストレーターとしても多方面で活動。1992年短編集「爆発ディナーショー」で第38回文藝春秋漫画賞受賞。2015年には画業38周年の全仕事を網羅する画集『KING OF POP』(玄光社刊)を発売。それにあわせキャリア初となる全国巡回の作品展『江口寿史展 KING OF POP』を1年半にわたり開催した。

吉田保(よしだ・たもつ)
『フリースタイル』編集長。出版社勤務やフリーランス時代を経て、2000年に出版社フリースタイルを設立。山上たつひこ、都筑道夫、松本大洋、片岡義男、谷口ジロー、吉田戦車などの本を出版し、季刊雑誌『フリースタイル』を刊行している。小学館クリエイティブ刊行の江口寿史作品の編集も担当している。

時間 _ 20:00~22:00 (19:30開場)
場所 _ 本屋B&B 東京都世田谷区北沢2-5-2 ビッグベンB1F
入場料 _ 1500yen + 1 drink order

チケットのご予約はこちら

イベント情報の詳細はこちら