2021年5月16日(日)

稲田俊輔『おいしいもので できている』(リトルモア)刊行記念 好きでたまらない食べ物と本の話。稲田俊輔 × ツレヅレハナコ トークイベント

食べものが好きでたまらない、語り出したら止まらない
そんな食いしん坊同士の対談です。

飲食店プロデューサー、人気南インド料理店「エリックサウス」の中の人、自称変態料理人…
稲田俊輔(イナダシュンスケ)さんによる、初のエッセイ集『おいしいもので できている』が発売になりました。
この刊行を記念して、トークイベントを開催いたします。

対談のお相手は、食と酒と旅を愛する編集者のツレヅレハナコさん。
お話のテーマはもちろん「おいしいもの」。ですが、今回はそれだけでなく、
お二人が好きな「食にまつわる本」についてもトコトンお話しいただきます。
当日、店頭にて稲田俊輔さんによる選書フェアも開催いたします!

おいしいものを食べること、呑むことが大好きで、
自らの手で作り、紹介することにも、並々ならぬ熱を注ぐお二人。
どんな楽しいお話が飛び出すことでしょう?
みなさまのご参加をお待ちしております!

日程
2021年5月16日 (日)

時間
14:00〜15:30
開場 13:30〜

料金
1,540円(税込)

定員
60名様

会場
本店 大教室

※大事なお知らせ
・手洗い・うがい、自宅を出る前に体温測定のご協力を必ずお願いいたします。 熱がある場合、体調に異変を感じる場合は参加をお控えください。返金いたしますので、その旨をお伝えください。
また入り口での手の消毒、マスクの着用を必須といたします。マスクを着用されていない場合、会場に入れませんのでご注意ください。
・お席は間隔を空けて、お座りいただく形です。
・トーク中、会場内での写真・ビデオ撮影およびSNS等への投稿は禁止とさせていただきます。

チケットのご予約はこちら

稲田俊輔 いなだ・しゅんすけ
料理人・飲食店プロデューサー。京都大学卒業後、飲料メーカー勤務を経て円相フードサービスの設立に参加。和食、ビストロ、インド料理など、幅広いジャンルの飲食店25店舗(海外はベトナムにも出店)の展開に尽力する。
2011年には、東京駅八重洲地下街にカウンター席主体の南インド料理店「エリックサウス」を開店。Twitter(@inadashunsuke)などで情報を発信し「サイゼリヤ100%☆活用術」なども話題に。
著書に『人気飲食チェーンの本当のスゴさがわかる本』(扶桑社新書)、『南インド料理店総料理長が教える だいたい15分!本格インドカレー』、『だいたい1ステップか2ステップ!なのに本格インドカレー』(ともに柴田書店)がある。

ツレヅレハナコ
食と酒と旅を愛する編集者。著書に『女ひとりの夜つまみ』(幻冬舎)『ツレヅレハナコの薬味づくしおつまみ帖』(PHP研究所)『ツレヅレハナコのじぶん弁当』(小学館)
『食いしん坊な台所』(河出文庫)『ツレヅレハナコの南の島へ呑みに行こうよ!』(光文社)『女ひとり、家を建てる』(河出書房新社)など。Instagramアカウントは@turehana1

書籍情報
『おいしいもので できている』

稲田俊輔・著 (リトルモア刊)
定価1,600円 (+税)/B6判ソフト上製/280ページ
絵=田渕正敏/ブックデザイン=祖父江慎+脇田あすか(cozfish)

飲食界随一のエンターテイナー、稲田俊輔(イナダシュンスケ)による初のエッセイ集。
どんな食べ物にも喰いつき、「おいしさ」をトコトン暴きだす天才!
「エリックサウス」創業者、飲食店プロデューサー、自称変態料理人=イナダシュンスケが、
ど定番の「おいしいもの」一品ずつを語る。
これを読めば、食事は最高のエンターテインメントになる!
食べ物への偏愛が注ぎ込まれたエッセイ集。ミニマルレシピ4点付き。

イベント情報の詳細はこちら